カートカゴをみる ログイン/会員登録(無料) ご注文方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

くすみ、たるみをとる馬油の美肌効果

くすみ、たるみをとる馬油の美肌効果とは

 あなたは、まわりの人に「ちょっと顔色悪いわよ。大丈夫?」「疲れているんじゃない?」と言われた心当たりはありませんか?言われたほうは、ぼうぜん自失です。
むしろ傷つきますね。私は、なにか残酷さすら感じてしまうこともあります。
 疲れた顔にみえるのは、みずみずしさが失われているからです。お肌の水分は、知らず知らずのうちに奪われてしまっています。すると、普段は、肌荒れに悩んでいない方も肌がカサカサしてきたり、シミ・しわができたりします。

特にむくみ、たるみは老けて見えてしまいます。自分が思っている以上にお肌は痛んでいると思ったほうがいいのです。
 最近では『人は見た目が9割』(新潮新書)という書籍も話題になりました。
 年齢よりも老けて見える原因はというと、お肌が酸化しているせいです。酸化したお肌にはシミやしわができやすく、たるみや目元のクマも老廃物がたまっているのが原因です。酸欠といって酸素不足のまま血液が汚れたままで滞り、目の下が黒く見えるというものです。

顔のマッサージやパッティングをするだけでは、根本解決にはなりません。なぜなら、これは冷え性の女性が多く、冷えると血行が悪くなるので、たるみにつながっているのです。
 ご存知の通り、「お肌の大敵は、冷え」なのです。これに加えて「乾燥」です。そこで馬油をたっぷり塗れば、お肌もしっとりスベスベに戻してくれるのです。馬油クリームでマッサージすることで、老廃物を出すことになり、代謝を高めて角質が剥がれやすくなり、皮膚のターンオーバーも正常に戻るエイジングケア効果も期待できます。

 先ほど、顔色が悪く見えるのは、冷え性の女性が多いと言いましたが、ここで体温の説明をしなければなりません。平熱が36度以下の女性は、低体温です。体温は健康と美容のバロメーターと言われますが、そのためには体温は36.5度以上が理想的です。
 体温が一度あがると、免疫力が5倍高まります。
 そして、体温が一度あがると、基礎代謝が12%アップします。
 さらにそれだけではなく、美肌に欠かすことの出来ないヒアルロン酸やコラーゲンも36.5度以上でつくられることが最新の研究で判明しています。

自宅のお風呂でもは、入浴したほとんどの女性が「あぁ、気持ちよかった」と口を揃えます。ストレスも軽減されるという点もあるかもしれません。
 馬油は人間の皮膚と似ているので、肌ケアには昔から定評があります。 
「肌がきれいになってきた」「お化粧ののりが違う!」など馬油が女性に支持される理由は、続けると代謝がどんどんよくなり、毛細血管まで流れがよくなるので変化があらわれるからだと考えられます。

 石原結實先生は著書『体を温めて病気知らず!』(三笠書房)のなかで次ぎのように提言しています。「人間の体は常に病気を治そうとしています。病気があるところには、血液が酸素、栄養、水分から免疫物質をより多く運んで治そうとしているのです。したがって痛んだ皮膚を元に戻すには、皮膚の血流をよくすることが大切です」と力説しています。

 ちなみに馬油も、入浴後に塗るのがよく、保湿効果が高く、皮膚のバリアやトリートメントの役目をします。
 普通の馬油だけでなく、オールインワンゲルクリームが人気になっています。
 馬油クリームを続けると、ぷるぷる感が出てきて肌がしっとりします。

 馬油は昔からヤケドや手荒れ、肌トラブルの改善効果があり、伝えられてきました。馬油だけですと、少し油っぽいという難点がありましたが、馬油を中心にセラミドをたっぷり配合したゲルクリームなら、身体の奥にある不要な老廃物をごっそり出していきます。
 だから、お肌のくすみや汚れをきれいに取り除けるというわけなのです。
 確かに、高齢でも長期間、馬油を使っている方は肌がきれいです。それは、よく保湿された馬油クリームで、皮膚をふくめた全身のお肌 がいいからなのです。

 こうして効率よく馬油で“しっとり”を続けることで復活され、つまり老けてみえることがなくなります。それと同時に自律神経を整え、お肌が酸化するのを防ぎます。
 めぐりがよくなるので年齢よりも若く見えるお肌にしてくれるのです。カサカサ肌にもしっとり感がでて、お肌に弾力が戻ります。女性には嬉しいですね。まさに健康的なエイジングケアのひとつといっても過言ではないでしょう。

 ところで、健康もそうですが、お肌の状態はメンタル面も大切になります。ねたみ、うらみ、かなしみ・・・など陰性の考えは血管が縮みます。こうなると血行が悪くなり、顔色も青ざめてきます。ものごとを前向きに、うれしい!たのしい!ありがとう!ついてる!しあわせ!・・・などとプラスに、陽性に考えることもお肌、皮膚の健康のためにはあなどれない重要なことなのです。

ページトップへ