カートカゴをみる ログイン/会員登録(無料) ご注文方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

グルコサミン コンドロイチン体験談 |ダイワヘルス研究所




 8年前主人を亡くし、以来、祥月命日には欠かさずお墓参りをしていました。ところが数年前から年のせいか、ひざの動きがおかしくなって、雨の日や冬の寒い日には少し歩くだけで、左ひざ頭の奥がシクシクするようになってきました。やがて歩くのがつらくなって、毎月のお墓参りが2ヵ月に1回、3ヵ月に1回となり、それでも主人のことを思うと、今月は行かなければと、病院で水抜き注射をしてもらい、這うようにして出かけたこともありました。でも、あの注射の痛さだけはどうしても好きになれず「何か、良い方法はないかしら‥?」と、娘に訴えていました。 ちょうどそんな時、雑誌で『新グルコサミン』が紹介されていて、自分と同じ症状の人が治ったとのこと。これもなにかの縁かと、さっそく注文しました。飲み始めたのが去年の春の始め。いつもならひざの曲げ伸ばしがつらくなる冬の時期になっても、気がついたら痛みもなく歩けるようになったのです。おかげで、毎月の墓参りがまた再開出来そうです。




  70才を過ぎてからは、若いときのようにいかなくなりました。物書きや計算など細かい仕事をすると目の奥が痛くなり、肩が凝るのです。病院で、レントゲンや血液検査をしてもらったところ、骨そしょう症の疑いがあると言われました。首筋の痛みや節々の痛みも前よりか多く感じられるようになり、健康維持のために、貴社の『新グルコサミン』に頼ってみようと思ったのです。使い始めて半年が経った頃から首筋のコリがなくなり、目の奥の痛みも改善されました。この冬は肩こりもなく、長い時間、目を使う仕事をしても苦にならなくなりました。最近は体の調子も良く、毎日約40分(3.5キロ)のウォーキングは欠かさずやっています。雨の日は室内にて竹踏みや体操を続け、接骨医や指圧院など1年以上行っておりません。現在は毎日、快適です。



 足腰の筋肉は年と共に衰えていましたが、それまでのところは年相応といった感じで、歩くのに不便はありませんでした。それが還暦を過ぎて以来ひざ頭の上の方が疲れるようになって、太ももにまでコリを感じるようになったんです。そうなるまでは年に2回くらいは泊まりがけの旅行を楽しんでいたのに、痛くて歩けないなんて、本当にショックでした。病院で診てもらったらひざ関節の軟骨が加齢によってすり減っていると言われ、そこで飲み始めたのが『新グルコサミン』でした。 実は最初は他社のグルコサミンを飲んでみたのです。グルコサミンなら何でもいいや、と思ってたんですね。ところが飲んでいてもあまり効いているような気がしなかったので、御社の『新グルコサミン』に変えてみたのです。私にはこれが合っていたみたいです。以前はつらくて仕方なかった階段の昇り降りも今はラクラク。正座も長時間でなければできるようになりました。この間は久しぶりに友だちと温泉旅行にも行けて、本当に助かりました。





グルコサミン コンドロイチンの直販サイト/ダイワヘルス研究所へ

ページトップへ